先輩からスキルを吸収するには

人材不足が慢性的な看護師は、ハードワークだといわれています。そのため、仕事がデキる人と同じようにテキパキと働けるようになりたいと考える人はたくさんいます。有能な先輩がいる現場では、何人もの人が同じ先輩に憧れを抱いていることも珍しくないでしょう。

憧れの先輩を目指してスキルを磨き、一人前に働けるようになりたいと考えたら、ただ漫然と目標として掲げていてはなりません。教えを請うのは最も重要なことであり、少しでも自分のスキルに疑問を抱いたら教えてもらうようにしましょう。
技術を伝えていくことは職場では重要なことなので、先輩としてしっかり教えてくれるはずです。本当に忙しいときには断られてしまうかもしれません。タイミングを選ぶのも欠かせないことであり、少し時間に余裕がありそうなタイミングを見計らって話を聞いてみたり、実演をお願いしたりしてみると良いでしょう。

「忙しいのに迷惑かもしれない」と考えてしまって躊躇してしまう場合もよくあります。しかし、思い切って話をしてみると喜んで教えてくれることもあります。教えることによって本人が学べる場合も多いため、先輩から感謝されることすらあるかもしれません。些細なことならまずは相談してみて、技術的なものなら実演してもらうというのが常になれば気軽に聞けるようになります。
知識やスキルに対する貪欲さは看護師として育っていくために欠かせないものです。現場に有能な先輩がいるのなら積極的に質問して吸収していくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年5月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ