気配りは看護師の必須スキル

看護師にとって重要なスキルの一つとして習得を心がけると良いのが気配りです。性格から来るものではないかと考えるかもしれませんが、気配りは一種のスキルであり、ポイントを押さえて行うようにすることが大切になります。

それを自然にできる性格を持っている人もいます。そういう人は憧れの人として多くの人からもたはやされているかもしれません。誰もがお世話になっているという実感を持ちやすいからです。

看護師にとって細かなところに目を配って、ちょっとした手を差し伸べるのは重要です。どのような臨床現場であっても、気配りが利くだけで重宝されるようになるのは明らかです。患者の身の回りのことだけでなく、医師や同僚についても気がかりな点があったらすっと手を差し伸べてくれる人は好感を持たれやすいでしょう。

もし、自分も気配りをできるようになろうと考えた時、負けまいという闘争心を持つのはご法度です。対抗はしないという姿勢がなにより大切です。一種のスキルとして考えてみても、謙虚に見て学ぶのが最も近道になります。自分と比べるのではなく、学ばせてもらう姿勢で何に気を払っているのかをよく見てみましょう。普段から気を払っている点が何かを直接本人に聞いてみても良いかもしれません。それによって注意点を理解できれば同じレベルで気配りができるようになるでしょう。

全体を見るスキルが身につけば、自分の立場の昇格にも繋がるかもしれません。もちろん基礎的なスキルを身につけるのも大切ですが、リーダーシップを発揮するには周囲の人に一目置かれる人間力を磨いていくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年7月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ